2017-10-18

ハロウィンのアイシングクッキー


Happy Halloween!


今年はモンスター×パンプキンにしてみました。
余ったアイシングで作ったお墓やおばけのパーツ付き。



メジャーな怪物となるとやっぱりこのお三方ではないでしょうか。




アラフォー世代の私は怪物3人組というと
このキャラクターたちが浮かびます。



ふんがーふんがーフランケン
ざますざますのドラキュラ
ウォーでがんすのオオカミ男

作りながら頭の中をぐるぐる流れていました。
果たしてどれほどの人がこの唄を知っているのか…




次はクリスマスバージョンを作れたらいいな~

2017-10-11

秋のおでかけ


暑かったり寒かったり体調管理と服装に悩ましい日が続いています。
 
連休は嵐山へ行ってきました。
 
 渡月橋を渡る人の数!
 
 
 
この日も汗ばむ陽気で、保津川下りをしたら気持ちよさそうでしたが
今回はトロッコに乗りました。
 
 
 
 
嵯峨野 「竹林の道」
 
 
 
あちこちでカメラ片手に風景を楽しむ人を見かけましたが
さすが京都というべきか、インバウンドの方々が全体の半数ほどを占めていたように感じます。







+ + +




先月末は万博記念公園に行ってきました。


いつ見ても独特の迫力を放つ「太陽の塔」



近くの競技場であったラグビー観戦のついでに寄ったのですが
ちょうどカレーエキスポが開催されていたので出店を楽しんで帰りました。

 
 
関西は今週末からぐっと肌寒くなるそうです。
秋が深まると紅葉もあっという間だろうなぁ。


 

2017-09-17

アンパンマンクッキーができるまで。


今回は試作編を綴りたいと思います。

アンパンマンのリクエストを受けて
練習と確認を兼ねて作ったパーツたち。



どのキャラクターなら上手に作れるか、
塗りつぶす順番やアウトラインの有無、
ペインティングの発色や乾燥など
試したいことがいろいろあったので
作り方を変えながら2個ずつ作ってみました。



そんな中、ふたたびミニオンの惨劇が…

ギャァーーー!

ドキンちゃんのショッキングな姿…
それに比べてバタコさんの割れ方はちょっと笑えます



パーツが完成したら次はクッキーの準備。

今回は抜き型から作ることにしました。
3㎜のアルミ板を使います。



アルミ板をカッターで細長くカットしたら
ペンやのりの丸みでカーブを、定規で直角を、
身近な文房具を使って形を整えていきます。



細かい部分の成形に苦戦しつつも
なんとか形になりました。




こうして完成した型をアルコール消毒し、
冷蔵庫でしっかり冷やした生地で型抜きしたら
いざオーブンへ。

こんな感じでクッキーが焼けました~


手作りの型にしてはきれいに抜けたし
焼き上がりの断面もシープです◎



パーツの裏に固めのアイシングを絞って
クッキーに貼りつけたら・・・

アンパンマンクッキーのできあがり♪



クッキーの裏面を表にすればパーツが浮かずにしっかり貼り付けられました。
今回はほぼ左右対象のクッキー型ですが
アシンメトリーの形ならひっくり返して型抜きすればOK。


こうして一度作ってみたことで、本番はもう少しこうしようとか
このやり方のほうが作業効率がいいかも…など
いろいろと気づきがありました^^



思いのほか上手くできた試作品は
とある施設に持って行ってもらいました。




ドキンちゃんが1番人気だったようで、割れてしまったあの子が悔まれます。
ちなみに最後まで残ったのはカレーパンマンとバタコさん。

2つあるカレーパンマンはわかるとして、
バタコさん・・・




2017-09-13

ペタンコポーチ


1年前に買った生地が眠ったままだったので
久しぶりにミシンでちょっとしたものを作りました。

ペタンコポーチです。




2種類の生地を縫い合わせて作る簡単ソーイングですが
両側に大きめのポケット、真ん中にミニポケットがついているので
3つに仕分けして入れることができます。




何年も前に雑誌の付録だったマルチケースに
通帳や通院関係のものを入れていたのですが
古くなっていたのでこのポーチに移し替えることにしました。


大きいポケットに通帳やおくすり手帳、
真ん中に診察券を収納しています。

A5サイズくらいで小さめのノートや文庫本も入るので
仕切りやポケットの少ない鞄のバッグインバッグとしてもいいかも。
他にも生理用品や予備のストッキング、冬場ならカイロなど
鞄に入れておきたいちょっとしたものにも使えそう。

既製品と比べてしまうと機能性は劣りますが
好きな生地で作れる+愛着が湧くのが手づくりのいいところです^^


2017-09-03

お誕生日のアンパンマンクッキー


友人から、子どもの誕生日にクッキーを作ってもらえないかとご依頼がありました。

期待に応えられるか不安でしたがそう言ってもらえるならば!と
粉骨砕身でお作りしたクッキーです。



2歳のお祝いで、できたら希望はアンパンマンとのこと。
今までリクエスト的なことは承ったことがなかったのですが
アンパンマンなら作れるかなぁと引き受けました。

とはいえ、ぶっつけ本番は心配で事前に練習したので
試作のアレコレはまた改めて記事にしたいと思います。



検討した結果、キャラクターはこの5種類を採用。




誕生日らしいクッキーも組み合わせました。

実際は車のクッキーに日づけと名前を入れてお渡し♪

メッセージ性を込められるのもアイシングクッキーの魅力です(^-^)



完成した後も、しばらくしてからじわじわ滲んできたり
バターが油染みになったりすることもあるので
最後まで気が抜けませんでしたが
予定日に無事お渡しできてホッッとしました~



子どもの誕生日ってママにとっても特別な日ですよね。
そんな大切なお祝いにこうして関われたことが嬉しかったです(*'▽'*)



元気百倍!勇気りんりん♪



2017-08-13

真鍮の風鈴


残暑お見舞い申し上げます

まだまだ暑い日が続いていますが
家の中ではチリンチリンと涼しげな音が鳴っています。



真鍮で作られた「能作」の風鈴です。

「能作」は富山県高岡市の歴史ある金属加工メーカーで
錫や青銅、真鍮などを加工してできた金属製品(鋳物)を取り扱っています。



真鍮の特徴なのか、控えめでとても澄んだ音色をしているので
強めの風が吹いて立て続けに鳴っていても耳に障りません。




能作の商品は高岡市の伝統産業である鋳造技術
職人さんがひとつひとつ丁寧に仕上げており
特有の重厚感と味わいがあります。

もともとは仏具から始まったメーカーだそうですが
ここ数年はテーブルウェアや、花器、風鈴などのインテリアも
セレクトショップでよく見かけるようになりました。

今の時代にも好まれる商品を新たに生み出しながら
日本の鋳物伝統工芸を守っているんですね。



ずっと素敵だなぁと思っているのがこちら↓


画像はZUTTOさんよりお借りしました

純度100%の錫で作られた箸置きです。
縁起のいいデザインが贈答品にも喜ばれそう。



風鈴は専用スタンドもあり室内に置いて使うこともできます。



近隣のお宅に気をつかうような場合も家の中で音を楽しめるのは嬉しいですね。
シンプルでモダンなデザインはインテリアとしても空間に馴染みます。



窓の近くに置くと時折吹き抜ける風に揺られていい音が聞こえてきます。


カーテンがふわっと膨らむたびにチリリン♪


自然の風でランダムに響く風鈴の音はとても心地よく
昔からある夏の風物詩の魅力を改めて実感しています^^



2017-08-08

ポップクッキー


姉から要望のあったキャラクターで
ポップクッキーを作ってみました。


クッキーポップスとかロリポップクッキーとも言われていますが
いわゆる棒付きのアイシングクッキーです。

クッキーが大きくてずっしりと重いので
スティックが抜けてしまわないか心配でしたが
焼きあがったらしっかりとくっついてました。


特別感があるしラッピングしてもかわいいので
プレゼントにもよさそう^^

 
でもシーラーなどで密封できないので日持ちが気になるところ…
とくに今の季節は早めに食べないと湿気そうだなぁ。


ところでこのキャラクター。
見たことはあるけど名前がわからないって人多いんじゃないでしょうか。






日本だとこのフーセンガムの印象が強いかもしれません。





名前は“フィリックス”
“のらくろ”ではありません。




キャラクターものはアイシングカラーを作るのが大変で
忠実な色を再現するのに時間がかかりますが
その点ではこの子はラクでした。


2017-07-21

ウエディングクッキー


 
ご結婚お祝いクッキー。

 
 
シュガーペーストを使えばもっと華やかになるのですが味を優先しました。
食感もあまりガリっとしないようにアラザンや
口金絞りのお花も控えめに乗せています。


今回は長期間とてもお世話になっているクリニックのスタッフさんが
寿退職されるということで作らせていただきました。



とても優秀な方で、その人柄と素敵な笑顔に
いつもホッとしたり励まされたり元気をもらっていました。

お渡しするまで少し心配だったのですが
クッキーを見て「実はインコを2羽飼っているんです」とか
「彼も甘い物が好きなので喜びます」と嬉しいお言葉をいただき
こちらも幸せな気持ちになりました^^

 

2017-07-15

お土産とご当地グルメ


金沢に行ったら九谷焼の器を買いたいなぁと思っていました。
取扱店がたくさんあって決めきれずにいたところ
ひがし茶屋街で出逢ったのがこちら。


また箸置きです(^^;)ゞ

器もかわいい柄がたくさんあって迷いましたが
これなら求めていた使い方ができる!と思ったのです。

それは…


カトラリーレストです。

なぜかあまり売られていない上に見かけてもシンプルなものが多いカトラリーレスト。
この九谷焼らしい色絵に、この長さ!
ずっと探していたお気に入りを見つけられました^^


銘菓もたくさんある金沢。
試食させてもらうとどれも美味しく見た目もかわいい和菓子が多いので
お土産を選ぶのも迷ってしまいます。

「諸江屋」の落雁
「加賀麩 不室屋」の細工麩
「金沢 うら田」の起上もなか
「加藤晧陽堂」のうちわ煎餅


ご当地グルメも郷土料理からB級グルメまで豊富にあった中から
近江町市場で海鮮丼と

のどぐろ入り♪



香林坊でハントンライスをいただきました。

海老と白身魚のフライがのったオムライスです


疲れたら町家カフェでひとやすみ。



金箔ソフトクリーム。

これは味より見た目のインパクト(笑)


食欲物欲ともに満たされた夏旅でした。


2017-07-14

夏旅

先週末、金沢に行ってきました。
一昨年に北陸新幹線が開通しましたが
関西からは特急列車のサンダーバードで向かいます。


到着すると金沢駅のシンボル「鼓門」がお出迎え。


まずは「近江町市場」へ。



威勢のいい掛け声が飛び交う市場はたくさんの人で大賑わい。
鮮魚店では日本海の魚がずらりと並び、見て歩くだけでも楽しいです。



青果店ではこんな野菜が売られてありました。


左は「うり」ですが、右は「きゅうり」
金沢産となっているので地元ではめずらしくないのかな。
1本で3本分くらいありそうな極太サイズです。



「ひがし茶屋街」


歴史的な茶屋建築が軒を並べる観光スポット。
町家カフェに金箔コスメや雑貨店などお店もたくさんあって
景観を楽しみながら買い物やお茶ができます。


国から文化財として保存地区に選ばれているエリアなので
ちょっとした路地に入っても情緒ある街並みが残っています。



散策中、とある軒先でピーピーと鳴き声がすると思ったら…


ツバメの雛が!
かーわーいぃーっ!

子どもの頃に住んでいた団地の棟にもツバメが巣を作っていて
毎年ちゃんと帰ってきていました。
巣から落ちてしまった雛を育てたこともあったので
久しぶりに見た雛の姿に思わず興奮。



金沢といえば外せない「兼六園」




美しい庭園は日本三名園のひとつ。
そういえば岡山の後楽園に行ったのも夏だったなぁ。


じっくり見学すれば2時間はかかりそうな広い敷地ですが蒸し暑さに負けました。
次は雪の兼六園を見てみたいです。



お隣りの「金沢城公園」






「長町武家屋敷跡」





「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉があるほど雨の多い金沢。
幸いにも滞在中は一度も降られませんでした。


またいつか再訪したいです。



食とお土産編に続く…