2014-06-29

リビングの壁面収納

 
以前、寝室の記事(→)で少し綴りましたが、
リビングは間取りの凸凹を利用した
壁面収納にしています。

 
 
IKEAのエクスペディート(※)を4つ組み合わせ、
梁や柱でできた凹部分に、はめ込みました。
 
実は引っ越しの際、この場所の幅を測ったら、
1㎝ほどオーバーして入りきらないかも・・・
という、微妙な寸法でした。
 
もし収まらなかった場合は、
別の置き場まで考えていたほど“掛け”だったので、
実際に組み立てて設置してみるまでヒヤヒヤ。
 
その分、オーダーのように隙間なく、
ピッタリ収まってくれました。

 
 
他にも、この収納棚を選んだ理由に
TV、本、CD、レコードを一緒に収納できた事と、
引出や扉を好きな位置に付帯できるので
レイアウトが自由というのも魅力でした。

 
 
引き出しには、文房具などの細々した物を
仕切りながら収納しています。

 
 
 
このエクスペディート、何色にするか迷ったのですが、
部屋を広く見せることを優先して、クロスと同じ白色に。
 
壁と家具を同じ色で揃えれば、
同化して視覚的効果は大。

オープンラックということもあり、
上まで積み上げても圧迫感を感じません。

 
 
CD用の仕切り板は黒色にして、
 
 
他のインテリアも合わせやすいように
LDはモノトーンを基調にしました。

壁面収納はモノで溢れた感じも絵になるので、
この一面は“ごちゃごちゃして良し”の空間です。

 
向かいのダイニング側は“すっきり”を意識しています。
 
 
 
目線より高いものは置かず、
サイドテーブルの上もできるだけシンプルに。

 
サイドテーブルとダイニングテーブルが同じ高さなので、
それも広く感じさせてくれます。
 
壁も、普段は手を加えずにスッキリした状態にして、
ある時はガーランドを飾ったり…

※画像は過去の記事(→)のものです
何かの時には使える余白として残しています。


ダイニング側もリビングと同じく、
壁に沿わせて置く物はクロスと同じ色にして、
凸凹しないよう奥行を揃えて並べています。

 
 
決して広くはない我が家のLDですが、
 
■ 間取りの凸凹を無くすように家具を置く
■ 賑やかなディスプレイは一面だけ
■ 家具とクロスを同色にする
■高さや奥行を揃える
 
を意識して、空間づくりをしています^^

 
() エクスペディートシリーズは2014年6月で販売終了となり、
後継シリーズのカラックスに切り替わっています

 

和室も壁面収納 →






 
 

2014-06-23

家族ごはん



今回の 「家族ごはん」は、
1週間遅れの父の日を兼ねた食事会でした。
 
献立は、あっさり食べられるものをと
素麺と茶碗蒸しです。
 


 
盛りつけを楽しんでみました。
 
 
 
普段はあまり感想を口にしない父ですが
錦糸卵を褒めてくれました(笑)。

 
 
きざみ海苔の代わりに
”のり佃煮のジュレ”を作ったのですが、

 
これが素麺との相性◎!
トロッとしたジュレが麺によく絡みます。

もちろんご飯にのせたり、
スティック胡瓜にディップしても美味しかったです。

 
茶碗蒸しは、あの万能グラス(→)で。
 

少し崩れてしまいましたが1人分の量にちょうどいいサイズ。
 
 
麺つゆ用の器は、
白山陶器の染付地紋シリーズ「そば徳利」です。
 
柄は、左が“十草”・右は“市松”
 
すり胡麻と風味づけに数滴のごま油を加えました。


 
父の日のプレゼントは無印で調達。
 
 
中身は、イ草の座布団です。
 
 当日はちょうど旅行中で不在にしたので、
出発前日テーブルに置いておきました^^



 

2014-06-20

イタリアの旅



イタリアへ行ってきました。

3年分の500円玉貯金をつぎ込んで
初めてのヨーロッパ圏です。
 
 
 
 壮大な歴史と文化が息づくイタリアは、
世界遺産と芸術の国。
 
ルネサンス期の絵画や彫刻、
ドゥオーモなどの建築物、
旧市街地の街並み・・・

その圧巻のスケールを肌で感じてきました。



Capri
カプリ島―



 
 
 
 
Roma
―ローマ―

 
 
 
 
 
Vaticano
―バチカン市国―



 
 
 
 
Pisa
―ピサ―
 
 
 
 
 
 
 
 Firenze
―フィレンツェ―



 
 
 
 
Venezia
ヴェネツィア―
 







Verona
―ヴェローナ―








Milano
―ミラノ―








そしてイタリアといえば、「食」 。
パスタやピザ、ジェラートにエスプレッソ。

 
堪能しましたが、やはり後半は日本食が恋しくなりました(笑)。
 
本場の食品類もいくつか買って帰ったので、
これから料理に使うのが楽しみです。


移動は1日平均4時間、宿泊ホテルは4ヶ所、
南から北へ縦断する弾丸ツアーでしたが、
とても濃密な1週間でした。






2014-06-10

シックなスポンジ

 

ありそうでなかったスポンジ

 
 
 
食器洗い用のスポンジって、
カラフルなものが多いですよね。

黒が基調のキッチンなのですが、
シンクのスポンジラックは治外法権状態…
他を、ある程度統一しているだけに
そこだけ目立ってしまっていました。

 
そこで、探して見つけた“黒いスポンジ”
 
 
ネットや問屋さんなどで、
ちょこちょこと買い集めました。
消耗品なので見つけたら まとめ買い。
 
探していたモノトーンカラーです。


 
それぞれ配色や硬さが違うので、
食器用やお鍋用など使い分けも◎


 
ついでにブラシも。
 
 
 
このブラシ、IKEAで¥49でしたが、
排水口の筒のサイズにピッタリで
すごく重宝しています。

 
 
これでシンク周りが落ち着きました。

 
どこかで感じていた違和感もスッキリ。
あくまでも自己満足のお話です^^;




 

2014-06-07

ZARA HOME のグラス

 

万能グラス

 
 
 
スペイン発祥のザラホーム。
 
昨年春にグランフロント大阪が開業してから
足しげく通うお店のひとつです。

 
先日、掘り出し物を見つけました。

 
一応、商品としては “グラス” なのですが、
この食器、用途は多種多様。


低めの背丈と広めの飲み口で、

 
大きさと形が絶妙なんです。
 
 
スープやサラダ、素麺などの麺類、
フルーツや手づくりのデザート等々・・
色々な料理に活用できそう。
 
これに盛るとなんだか様になります

  
ガラスの薄さと くすみのない透明感、
底の部分に余分な厚みがないディテールや
重ねて収納できるところも◎です。
 
 
 
さらに電子レンジや食洗機にも対応。
これも重要なポイントです。
 
そして何より、 このクオリティで
なんと 3個で 690円(税込)
 
1個230円には見えません。


 
最近始めたジュレ作り(→)でさっそく活躍です。
 
今回作ったのは “トマトジュレ”


 
トマトジュースにリンゴ酢や蜂蜜を混ぜ、
塩と胡椒でしっかりめに味付け。

サイコロ型にしたかったのでゼラチンも多めに。

 
それを使って、
「マリネ風カクテルサラダ」
 
 
旬のホワイトアスパラガスに
サーモンと角切りにした野菜。

レモン汁や白ワインビネガーのさっぱりした味も、
トマトジュレを加えれば十分です。


 
飾った緑は自家栽培のバジルです。
赤いジュレとの色彩が鮮やか

良い器が買えました。
これから夏に向けて出番も多そうで楽しみ^^