2017-06-21

滋賀県

 
近いようでなかなか行く機会が少ない滋賀県。
 
今まで琵琶湖をはじめ、長浜の黒壁や紅葉の日吉大社など
何度か遊びに行くことはありましたが、
今年はめずらしく2ヶ月連続で行って参りました。
 
5月は連休に彦根へ。
 
 
 
この日、彦根城は中に入るのに90分待ち!
まるでテーマパークのアトラクションに並んでいるようでしたが、
GWのお出かけとはこういうことか…と甘んじて受けました。

 
天守閣からの眺め。
 
下に順番待ちで並ぶ人々が列をなしています

 
方角によって琵琶湖もすぐ近くに見えます。
 
 

 
そして彦根城といえば、兜をかぶったあのにゃんこ^^

こっち見てる…?
 
 
 
見てるよね…??
 
 
さすが初代ゆるキャラグランプリNo.1!
ほのぼのとしたスローな動きで笑いと癒しをご提供。
色々とわかってても大人も頬がゆるみます(笑)


滋賀県のスイーツといえば、バームクーヘンで有名なクラブハリエ^^

立派な洋館にカフェが併設された店舗がいくつかあり、
彦根にもお城から歩いていける距離にあったので寄りました。



左がクラブハリエで、右は同系列の「たねや」
中で繋がっていて行き来できるようになっています。

たねやの甘味も気になりましたが、クラブハリエでお茶をすることに。

ケーキセットは、ショーケースの中から好きなケーキを2つ選ぶことができ、
大きなお皿にテンションのあがる仕上げを施して運んできてくれます。



ポット付きの紅茶とセットで確か1,000円くらい。お得です!
雰囲気もいいし、近所にあったらきっと何度も来てる…


 
そして今月は湖西エリアに車で行く用事があったので
琵琶湖大橋を渡って佐川美術館に寄って帰りました。

佐川急便が創業40周年記念に建てたもので
グッドデザイン賞も受賞しているモダンな美術館です。



敷地に入ると水庭があり、三角屋根の平屋が浮かんでいます。
外観からとても素敵です。

館内は撮影禁止でしたが、空間を贅沢に使っていて
装飾的なものは一切なくシンプルでスタイリッシュ。

いたるところから水辺が見え、コンクリートのひんやりとした空気も心地よく、
とても気持ちのいい美術館でした。


川とか海とか水辺の近くに住みたいと言う人の気持ちがわかる気がします

それにしても相当額の設備投資をしたであろうこの建築物に、
佐川さん資産ありまんなぁ~と感じずにはいられませんでした。
大阪人ぽくてすみません(笑)

湖西道路はツーリングやサイクリングを楽しむ人たちもたくさん見かけました。
今からの季節、琵琶湖周辺を走るのは気持ちいいだろうな~
趣味仲間とアクティブな休日を楽しむ人々が眩しかったです。

 

2017-05-30

ミニオンクッキー



ミニオンズのアイシングクッキーです。



 
みんな違ってみんなカワイイ^^
 
 
 
Banana~~~♪



作っている途中、恐れていた事件が起こりました。

負傷者発生ですーッ!



割れるリスクはパーツ作りの付き物なのでよくある事ですが
いくつも工程を経て完成させるキャラクターはショックが大きい(T_T)


その後もポキッ、ポキポキッ・・・


けが人続出ですー!(*Д*)
負傷した子は責任をもって食べました。笑。



それにしてもミニオンって一つ目だったり薄毛だったり
へんちくりんな容姿なのにとても人気のキャラクターですよね。

 
陽気でイタズラ好きなミニオンズ。
くるくる変わる表情と何があってもめげないところが愛おしいです♡
あ、あと何言ってるかわからないところも(笑)
 
 

2017-05-21

絵本と地球


「せいめいのれきし」
文・絵 バージニア・リー・バートン



半世紀にわたり読まれてきたロングセラーの絵本。
改訂版が出版されたことで一時また話題になっていました。

はるか昔、銀河の彼方で太陽系ができるプロローグから
地球が誕生し、生命が登場し、その長い長い歳月に繋がる今に至るまで。

その途方もなく果てしない時の流れを舞台に
地球と生命の歴史をわかりやすい言葉と絵で教えてくれます。


"人に歴史あり”なんて言葉がありますが、
この本の地球が誕生してからの年月で考えると
人間という生きものの時代はほんのちょっぴり。

そう思うと、温暖化だとか少子高齢化だとか
「人」の基準でいう未来の地球に対する憂いが刹那的に感じたり…
読むたびに新鮮な気持ちになれたり新しい発見があったりして飽きない一冊です。


わが家で誕生したのは、お菓子の地球。


アイシングカラージェルを使って筆で描くペインティングという技法で作りました。
そもそも絵がうまくないと難しい技ですが、
地球の模様はごまかしが利きそうだったので初挑戦^^

まわりのキラキラした粒はカラフルなグラニュー糖です。



バージニア・リー・バートンといえばこちらも代表作。


丁寧に描かれた絵が楽しくて隅々まで見入ってしまいます。
手元に置いておきたい絵本たちです。


2017-05-17

セサミクッキー


セサミストリートのアイシングクッキー。
 



何度かキャラクッキーにチャレンジしては撃沈していましたが
今回は別にパーツを作ってからクッキーにのせる方法でリベンジ。
 
 
フリーハンドでクッキーに直書きするより失敗しにくい!
これからはこのやり方で作ろうと思います♪
 
 
父の詩吟教室のお茶請けに持っていきました。
 
 
実はアイシングクッキーをお出しするのは3回目。
こういうお菓子は口にあわないのでは…と思いきや、意外と好評なんです(*^^*)
ご年配の方々でもこのキャラクターならきっとご存知のはず…
 
 

2017-04-24

誕生日のプレート


父の誕生日祝いを兼ねた4月の家族ごはん。
今年はデザートにケーキを焼く時間がなかったので
プレートだけ手づくりしました。



シュガーペーストで作ったリボンとボーダーのプレートに
アイシングで花と文字を絞っています。
これならクッキーを焼く必要もなく、前もって作っておくことができます。


もちろん全部食べられる素材なのですが、
粘土のように練って形成し乾くと固まるシュガーペーストは
正直あまり美味しいものではありません(x∀x)



海外では日常的な製菓食材として口にされるそうですが
日本ではウエディングケーキのカバーリングや
観賞用のシュガークラフトとして使われることが多いです。


ということで食べずとも形だけ・・・と
買ってきたケーキに添えました。

4号の小さなホールケーキに対してプレートの存在感(笑)


献立は和食でした。



気づけば親も来年で古希。
も、もっとしっかりしなければ・・・!!
と、身の引き締まる思いです


2017-04-12

春雨のさくら


あっというまに4月も半ば。
桜が見頃を迎えた週末、再び京都へ行ってきました。
 




春に三日の晴れなし。
この日もあいにくの空模様でしたが
春雨に濡れる桜もまた乙なものです。
 

 



 
目に入る風景が自然と絵になる京都は
其処此処で写真を撮りたくなります。

絵画調モードで撮影



レトロフォトモードで撮影
 
 

夜は木屋町通りで食事をして帰りました。

左に写っているお店です^^

 
ソメイヨシノが舞い始めると遅咲きの八重桜の出番。
今週は造幣局の通り抜けに行ってきまーす!

 

2017-04-06

レモンのシロップ漬け


愛媛の田舎からダンボールいっぱいに届くみかん。
先月送られてきた文旦や清見に紛れてレモンが入っていたので
シロップ漬けにしました。
 
 
 
もちろん国産でワックスもついていないので外皮ごと使えましたが
今回は皮を剥いて輪切りに。
 
 
殺菌スプレーをまな板や包丁にシュッとしておくと安心です。
ドーバーパストリーゼ77は食品にも直接吹きかけることができ、用途もいろいろ
 
 
果物とお砂糖は1:1が基本ですが少し加減して
正味500gのレモンに氷砂糖280g+グラニュー糖70gを重ね入れ
最後に上からはちみつを適量加えました。
 
 
 
冷暗所に置いて朝晩静かにまわし混ぜること4日。
ほぼお砂糖が溶けたので冷蔵庫に移して保存します。
炭酸水と割ってレモンスカッシュにしたりヨーグルトやトーストにかけていただこうと思います^^